行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者です。10,000種類以上といわれている許認可申請書類の作成および官公署への提出を企業や個人に代わって行い、また、権利義務や事実証明に関する書類、契約書等の作成など、幅広い業務にも対応しています。

近年、社会生活の複雑高度化に伴い、書類作成に高度の知識を要するものが増えてきました。そのような社会の動きに呼応するように、従来の「書類作成を行う代書的業務」から、「より高い専門性を持ちながらコンサルティングを含む許認可手続の業務」へ行政書士の業務も変わりつつあります。今や行政書士は、コンサルタントとしての役割も期待されています。

岡崎市および幸田町に約200人の行政書士